女性

目の下のたるみはスキンケアによって改善|肌の潤いや弾力を保つ

栄養補給と保湿を行おう

笑顔の女の人

しわは肌の機能低下とともに発生する肌トラブルです。しわといっても様々な種類のものがあります。主なしわの種類は、ちりめんじわ、表情じわ、真皮じわなどといった種類になります。ちりめんじわは肌に細かく刻まれるしわのことです。目尻などに特に表れることが多く、乾燥が主な原因といわれています。年を重ねるとともに、次第に肌の潤い成分は失われていきます。そのため、乾燥がどんどん進んでしまいちりめんじわが出てきてしまうのです。そのほか表情じわというものは、表情を作った際にできるしわがそのまま残ったことによってできるしわです。このしわも乾燥が主な原因で、潤い成分が不足していることから表情じわを元に戻すことができず、そのまま残ってしまう形となるのです。そのほか真皮じわと呼ばれるものは、皮膚のたるみによって表れるものです。皮膚の組織は複数の層が集まったことによって構成されています。その中でも奥にある真皮という皮膚組織の機能が衰えてしまうことでこのタイプのしわが発生してしまうのです。

こういった様々な種類要因が元でしわは発生してしまうのです。加齢によるものも大きいですが、原因はそれだけではないのできちんと対策すれば改善することができるのです。対策方法は種類によって異なります。乾燥によるしわを改善するのに最も効果的なのは、保湿を行うことです。肌の乾燥は、肌トラブルを起こす最大の原因となるのです。しわの他にもニキビやシミなどといった様々な症状を引き起こしてしまいます。普段のスキンケアで化粧水などを使ってきちんと保湿をしていくようにしましょう。また、真皮の機能が低下したことが原因となるときの対策法としては、紫外線を防ぐことです。紫外線にはメラニン色素といって肌に有害な影響を及ぼす成分が含まれています。その成分を過剰に摂取してしまうと肌が硬直し、ハリをなくしてしまうのです。外出するときなどきちんと紫外線対策をするようにしましょう。また肌に必要な栄養分をしっかり補うことも非常に重要です。肌にいい栄養分として、コラーゲンやエラスチンなどといった成分があります。このような成分をサプリや食事などから摂るようにすると症状が緩和されることでしょう。